休日当番(5/5)

5/5 当院が休日当番になります 当院は 埼玉県指定 診療・検査医療機関ではなく、コロナウイルスのPCR検査、治療はできません。(息苦しいなど酸素飽和度を測定したり感冒薬の処方などできますが)。また発熱など疑いのある方は車内待機となります。

当番医は小児科専門医なので小児に関することは診察いたしますが発熱がある場合は一報いれてから来院してください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/covid19/consulting_service.html

コロナウイルスワクチン 

小児のコロナウイルスワクチンについて悩まれている方が多いと思います。このウイルスは小児には軽症例が多く実際うちでも抗原検査を行い十数人陽性が出ました。自主的に電話でフォローアップを行いましたが2,3日で軽快したかたがほとんどです。しかし生後数か月の児は川崎病のような症状が出て1週間発熱が続き入院しました。また、家族で感染が広がったり、咳など症状に苦しんだりする方もいました。オミクロン株感染はインフルエンザのような症状といいます。高熱でつらく、ある専門家のお話ではワクチンの副反応よりコロナの症状がつらいと言っています。先日、コロナウイルスに関する専門家の考えかたについてネットで講演を拝聴しました。その一部が下記の画像です(ネットで拾いました 転載いたします)

軽症のことが多いオミクロン株です。いままでのワクチンと違い必ずしも接種がすすめられないのかもしれません。いろいろな意見がある中、3月からおそらく当院でもワクチン接種を開始するため接種するかしないか迷われている方のために参考までに書きました。メリットデメリットを考え予約しましょう

http://www.niigata.med.or.jp/file/vaccine_child3.pdf

コロナウイルスの検査

虫垂炎で数日入院していました。。。ご迷惑をおかけいたしました 入院中東京でコロナ罹患者が急増しています。子供も倍増とのことですが親が罹患し子供に濃厚接触のケースが多く保育園幼稚園学校でクラスターは少ない 子供同士でうつしあわないような感じがします。(ここが心配だったのですが。。)インフルエンザも流行していません。

外来では不安をよく耳にします。。しかしコロナは無症状のこともありはっきりいって蔓延すればきりがないようにも思います。それこそ某国のように毎朝検査するようなことが必要になります。あと検査するタイミングも大事だと思います。ようは1回検査して陰性だから大丈夫ではないということです。このへんはインフルエンザと似ている気がいたします。

オミクロン株はインフルと似た症状と聞きます。現状では当院では希望するすべての方への検査はできません(発熱があったとしても)。こちらが必要だと思っている人に検査を行います。ただし当院でできるのは抗原検査なのでより精度の高いPCRをやる場合は他院や医師会病院のPCRセンターを紹介いたします。

ただし今後「検査してきて」とか保育園などで言われる可能性もあります その時も症状で検査するかどうか考えますがお母さんが板挟みにあえばつらいのでそういう時は相談してください。

親世代がワクチンをうって感染防御して家庭内にウイルスを持ち込まないのがベストです。

病児保育ピッピより

コロナウィルス流行の折、発熱のある人は入室にあたりましてコロナウィルスの抗原検査を施行させていただきます。よろしくお願いいたします。

外来をやっていて小児の発熱は多いです。病児保育の需要も多いと思います。抗原検査では精度は100%ではないですが病児保育を維持するためできることをやっていこうと思います

あけましておめでとうございます

1/4より診察しています 今年もコロナに悩まされる1年になりそうです。オミクロン株も猛威を振るうことが予想されます。正しい知識をもち正しくおそれることが重要です。対策は今までと変わりません。

下記のリンクは 英国保健安全保障庁(UK Health Security Agency)が12月31日に発表した報告書です

【ワクチンの入院予防効果】ワクチン2回目接種から6ヶ月以上が経っても、入院予防効果が52%でした。そして、3回目接種の場合は88%にも上がりました。【オミクロン株について】オミクロン株の50万人以上の感染者のデータを分析したところ、入院率が約3分の1でした。懸念されていた小児患者でも、オミクロン株による入院率はデルタ株と比べて約半分でした。

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1044481/Technical-Briefing-31-Dec-2021-Omicron_severity_update.pdf

注射の前にすること

以前の記事ですが再掲いたします

インフルの注射がはじまりました。混雑をしてご迷惑をかけると思います。

注射をしているとすんなりできる子とそうでない子、非常に抵抗する子がいます。注射してそれから痛みで泣く子もいますがやる前から泣く子、やった後も泣き続ける子が多くいます。注射に対する恐怖があるのだと思います。

下のリンクに詳しいですが注射をやる前にいいきかせやごっこ遊びを通じ「なぜ注射をするのか」体を強くするためだよ 注射するイメージつくりを行い、また 注射すぐ終わるよ 痛かったね 頑張ったね など気持ちを受け止めることが大事です。子供にもよりますが注射をすることを内緒で連れてきたり痛くないよと言ったりするのは良くないとされています。

注射する前のいいきかせをプレパレーションといいます。当院の保育士が簡単な絵本をつくりました。外来の受付の下に置いてますのでぜひ利用してくださいね。

https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/cls/cls_chusha.html

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの予約は定員に達したためいったん中止します

11月半ば在庫状況により電話予約のみ再開します。

南半球では夏にインフルエンザの流行はなく今年も北半球での流行はあるのかないのか?去年は全く流行はなかったのですがやはりコロナとインフルの鑑別は困難と思われるのでワクチンは推奨しています。(在庫がなくなってから言うなよって感じですが。。。)逆に1歳以下の子などはインフルの流行がなければ親のみ接種して家にインフルを持ち込まないようにすればいいと思います。

病児保育ピッピより

今までご利用できる人数を2組までに減らしていましたが緊急事態宣言解除にともない従来通り4人に戻します。換気などこれまでと同じ感染予防に努めていきます。保育園や幼稚園で感冒症状、微熱など登園できない方 お気軽に連絡してください。

デルタ株

NHKのニュースサイトでこんな記事がありました。新型コロナウイルスの流行が子どもたちに及ぼす影響について国立成育医療研究センターのグループがアンケート調査を行ったところ、回答した子どもの50%以上が新型コロナの影響で先生や大人への話しかけやすさが減ったと答えるなど、悩みやストレスなどを相談しにくい状況が続いている可能性があることが分かりました。子どもたちが考えた対処法としては以下のものです。「だれかに話す 聞いてもらう」「声に出す」「書き出す」「だきしめる あまえる」「泣く わらう」「運動する 体を動かす」「外出する 場所をかえる」「考える」「考えない」様々ありました。ご家庭でもニュースなど見て色々話してみるとよいと思います。現在デルタ株が流行しています。クラスターが出れば学校も休校になると思いますが、感染予防などは今までと同様でよいと思います。過剰に考えればそれ自体またストレスとなります。大事なのは家族がワクチンを打つこと、家にウィルスを持ち込まないことです。いろんな情報が入りますが何が大事なのか見ることも重要となります。

インフルエンザワクチン

10/12よりインフルエンザのワクチンの接種を開始する予定です。

インターネットの予約は9/6からです。(電話予約は9/13となります)http://www.shujii.com/hoshiclinic/i

お子さんの分と一緒にご家族の方も予約することができます。

インフルエンザ予防接種専用時間
(対象は小児・小児の家族・6カ月以下の児を連れている方になります)
(10/15から12/18まで)

月曜15時から16時の間
金曜15時から16時の間
土曜13時30分から14時30分の間

※専用時間以外の時間帯でも接種は可能です (診察の合間に注射いたします)
インターネットの枠と電話・窓口の枠を別々に用意しています。
そのため同じ日・時間帯でもインターネットで予約が取れなくても電話予約で取れる場合もあります。(その逆もあります)

値段はおとな5500円こども4200円になります。こどもは1回分の値段です。だいたい3,4週あけての接種を推奨します。
6カ月以上3歳未満 0.25mlx2回
3歳以上13歳未満 0.5mlx2回
13歳以上 0.5ml 1回 もしくは2回
中学生まではこども値段 高校生からはおとな値段になります。
13歳以上で受験など理由で希望があれば2回接種を行います。

よく質問があるのが1歳以下の接種についてです。家族みんなが接種して家の中にインフルエンザを持ち込まないという考えもあります。流行時には人混みなども最小限にします。
保育園など入られているならば接種を勧めています。
6ヶ月から接種は安全にできますので希望される場合は予約を入れて下さい。妊婦さんも接種することができます。