院長

乳幼児のコロナワクチン

日本小児科学会は、生後6か月以上5歳未満のすべての小児に新型コロナワクチン接種を推奨する声明を出しました。重症化予防効果は発症予防効果を上回ることが期待されますとのことです。

もうすぐ当院でも始まります。以前も書きましたが いままでのワクチンと違い必ずしも接種がすすめられないのかもしれません。発熱は2,3日でおさまることが多いですがインフルエンザの様にぐったりします。感染力も強く家族も次々と感染していきます。乳幼児であってもです。メリットデメリットを考え予約しましょう  第8波が来ないといいですね。。

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=466

厚生労働省のページです 
生後6か月~4歳の乳幼児を対象とした初回接種について、ファイザー社のワクチンを接種している国は複数あり、米国ではすべての乳幼児に対して、イスラエルでは重症化リスクの高い乳幼児に対して接種を推奨しています。 すべての国で推奨してないのは気になります。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0156.html

ステッチの忘れ物

9/22は第四木曜日につき休診でした。駐車場に小さいステッチのぬいぐるみが落ちていました。心当たりある方は連絡ください。

比企地区こども夜間救急センター

http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/kurashi/shussan_kenko/kyuukyuuiryou/1410228916793.html

8/16 当院院長当番です。採血やコロナの検査はできないと思いますが相談・診察希望のあるかたは連絡してください。
受診を希望する場合は、必ず事前に電話(0493-22-2822)、「比企地区こども夜間救急相談」として連絡してください 。

なおクリニックは8/14から8/17までお休みです

コロナの検査(問い合わせの多いことについて)

当院でできるのは抗原検査です。発熱してから最低数時間開けて検査します。PCRは当院では行っていません。

当院は 埼玉県の指定 診療・検査医療機関 ではありません。大人の検査は行っていません。

発熱の人・希望のある人すべてに検査はできません 濃厚接触者も同様です。親の都合や保育園の都合での検査は薬局などで売っている抗原キットを利用していただきたいですがどうしても困っていたら連絡してください

基本的に家族がコロナ陽性であればほかの家族が発熱した場合コロナ陽性とみなします。この場合も電話診察です

問い合わせが多いことを書きました

小児のコロナウイルスの症状・電話診察について

ざっくばらんに大きい子(年長以上くらい)が高熱39度以上が2日間続いてぐったりします。ただしこう流行してくると3,4歳の子でも家族に症状がなくても陽性例が見られます。無症状でも陽性(不顕性感染)がいる以上どうにもできないし流行は続きます。キットにも限りがあり発熱者全例検査はできません。

また最近多いのが電話診察です。当院ではコロナ感染拡大防止のため他院でPCRをされて結果待ちの場合電話診察となります。(家族が検査待ちの場合も同様です)家族が陽性の場合も同様です。場合によっては2か月の子でも電話診察となります。こういう症状があればまた連絡してとお話はするのですがもう異常事態だと思います。いろいろ気になることあれば連絡してください。新潟大学の小児科(いつも引用させていただいてます。またまたスイマセン)よりの資料を貼り付けいたします。参考にしてください。

http://www.niigata.med.or.jp/file/covid_child1.pdf

http://www.niigata.med.or.jp/file/covid_child1.pdf

現在流行している病気(7/16)

ちなみに院長 この間50歳となりました いよいよ大台です

さて最近の外来で思うのはいろんな風邪が流行っているということです。どんな風邪が流行っているのか。。

1. ヒトメタニューモウイルス 熱が4,5日続く ゼコゼコする咳をともなう 対処療法のみだが咳がひどい場合は要注意

2. 夏かぜ 発熱は1,2日だが種類によっては5日続くものもある 熱のわりに元気 手足口病も夏かぜ 最近この辺りでは手のひらや足のひらではなく前腕や下腿にポツポツでるケースが多い

3. コロナウイルス インフルエンザのような症状 高熱が出てぐったり のどがとても痛い だるい ただしそれに当てはまらないこともある 東松山では急に多くなっている印象はないがこの先要注意 全身状態を見ることが大事 風邪症状だけで検査をするときりがないですが症状だけでコロナではないと見ることはできない。検査するタイミングが重要。小さい子供がポッとかかるケースはあまりないように思える。

4. 突発性発疹 1歳前後にかかる もしくは2歳近く 熱は3日前後 5日くらいも 症状は軽い風邪症状 下痢 熱が下がって発疹が出て診断

5. 胃腸炎 無理せず回復を待ち水分が取れるようになってから食事 水分もはかないように少しづつこまめに(スプーンを使うように)

皆さんお大事に

休日当番(5/5)

5/5 当院が休日当番になります 当院は 埼玉県指定 診療・検査医療機関ではなく、コロナウイルスのPCR検査、治療はできません。(息苦しいなど酸素飽和度を測定したり感冒薬の処方などできますが)。また発熱など疑いのある方は車内待機となります。

当番医は小児科専門医なので小児に関することは診察いたしますが発熱がある場合は一報いれてから来院してください。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/covid19/consulting_service.html

コロナウイルスの検査

虫垂炎で数日入院していました。。。ご迷惑をおかけいたしました 入院中東京でコロナ罹患者が急増しています。子供も倍増とのことですが親が罹患し子供に濃厚接触のケースが多く保育園幼稚園学校でクラスターは少ない 子供同士でうつしあわないような感じがします。(ここが心配だったのですが。。)インフルエンザも流行していません。

外来では不安をよく耳にします。。しかしコロナは無症状のこともありはっきりいって蔓延すればきりがないようにも思います。それこそ某国のように毎朝検査するようなことが必要になります。あと検査するタイミングも大事だと思います。ようは1回検査して陰性だから大丈夫ではないということです。このへんはインフルエンザと似ている気がいたします。

オミクロン株はインフルと似た症状と聞きます。現状では当院では希望するすべての方への検査はできません(発熱があったとしても)。こちらが必要だと思っている人に検査を行います。ただし当院でできるのは抗原検査なのでより精度の高いPCRをやる場合は他院や医師会病院のPCRセンターを紹介いたします。

ただし今後「検査してきて」とか保育園などで言われる可能性もあります その時も症状で検査するかどうか考えますがお母さんが板挟みにあえばつらいのでそういう時は相談してください。

親世代がワクチンをうって感染防御して家庭内にウイルスを持ち込まないのがベストです。

あけましておめでとうございます

1/4より診察しています 今年もコロナに悩まされる1年になりそうです。オミクロン株も猛威を振るうことが予想されます。正しい知識をもち正しくおそれることが重要です。対策は今までと変わりません。

下記のリンクは 英国保健安全保障庁(UK Health Security Agency)が12月31日に発表した報告書です

【ワクチンの入院予防効果】ワクチン2回目接種から6ヶ月以上が経っても、入院予防効果が52%でした。そして、3回目接種の場合は88%にも上がりました。【オミクロン株について】オミクロン株の50万人以上の感染者のデータを分析したところ、入院率が約3分の1でした。懸念されていた小児患者でも、オミクロン株による入院率はデルタ株と比べて約半分でした。

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1044481/Technical-Briefing-31-Dec-2021-Omicron_severity_update.pdf

デルタ株

NHKのニュースサイトでこんな記事がありました。新型コロナウイルスの流行が子どもたちに及ぼす影響について国立成育医療研究センターのグループがアンケート調査を行ったところ、回答した子どもの50%以上が新型コロナの影響で先生や大人への話しかけやすさが減ったと答えるなど、悩みやストレスなどを相談しにくい状況が続いている可能性があることが分かりました。子どもたちが考えた対処法としては以下のものです。「だれかに話す 聞いてもらう」「声に出す」「書き出す」「だきしめる あまえる」「泣く わらう」「運動する 体を動かす」「外出する 場所をかえる」「考える」「考えない」様々ありました。ご家庭でもニュースなど見て色々話してみるとよいと思います。現在デルタ株が流行しています。クラスターが出れば学校も休校になると思いますが、感染予防などは今までと同様でよいと思います。過剰に考えればそれ自体またストレスとなります。大事なのは家族がワクチンを打つこと、家にウィルスを持ち込まないことです。いろんな情報が入りますが何が大事なのか見ることも重要となります。