小児科

休診

3/30 31と休診にさせていただきました。3/29に寒気を感じその時は熱はなかったのですが3/30早朝38度の熱が出たため休診としました。

熱はそれ以上上がらず3/31より解熱しており4/1より通常通り診療できそうです。体調が悪いときは無理しないことが大事だと思います。

予防接種の変更などご迷惑をおかけしてすいませんでした。

待合室で待っていても大丈夫でしょうか

コロナウィルスが怖い クリニックで待っていても大丈夫でしょうかという声が聞かれます 基本的に空気感染はしないウィルスですし換気や消毒など今まで以上に行っています。

インフルエンザなんか流行すれば一日に200人来るくらいになります。現状をみて流行はないと思いますが。。。

それでもどーかなと思う場合はアイチケットを見てすいている時間に来ていただくか(午後がガラガラです)、もしくは車内待機を提案しています。

新型コロナウィルスは小児には重症化することはないのですがお年寄りに罹患すれば重症化する可能性があります。熱の出た子は接触しないようにしましょうと外来でお話ししています。そして自分たちも含めてですが調子の悪いときは頑張りすぎないで休むことが大事なのかもしれません。

コロナウィルス PCR検査について

【コロナウイルスのPCR検査のQアンドA】

高山義浩先生のFBからの引用です。

問1 PCR検査の精度はどのぐらいですか?

問2 なぜ、保健所による行政検査は制限されていたのですか?

問3 明日からは、検査を受けたい人なら誰でも受けられるのですか?

問4 なぜ、一般のクリニックでは検査をしてくれないのですか?

問5 軽症でも検査で診断すれば、外出自粛などの予防につながるのでは?

問6 とはいえ、診断してもらった方が安心なのですが?

問7 軽症のうちに診断した方が重症化が予防できるのでは?

下のFaceBookのページを参考にしてください(携帯モードでは表示できません すいません)

新型コロナウイルスの診断に用いられるPCR検査について、いままでは保健所の適応判断による行政検査のみでしたが、今後は医療機関の医師が必要と判断すれば、保健所を介さずに検査できるようになります。ただし、どこの医療機関でも検査を実施してくれ…

ほしこどもおとなクリニックさんの投稿 2020年3月5日木曜日

 

コロナウィルス 児の過ごし方

Facebookのページでもたびたびシェアしていますが沖縄中部病院の高山先生の投稿のまとめです。コロナウィルスについて、家での児の過ごし方について 感染予防のことなどわかりやすくまとめられています

https://www.huffingtonpost.jp/author/yoshihiro-takayama/

コロナウィルスについて

現在コロナウィルス感染が社会現象となっています。このウィルス自体はインフルエンザより感染力は弱く小児をはじめ一般の方には怖いものではないと思いますが持病のある方や高齢者の方には注意しなくてはなりません。

まずはこのウィルスの症状を知ることが大事になります

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200229/k10012308111000.html

▽発熱が全体の87.9%、
▽せきが67.7%、
▽けん怠感が38.1%、
▽たんが33.4%、
▽息切れが18.6%、
▽のどの痛みが13.9%、
▽頭痛が13.6%などとなっています。

また、感染すると平均で5日から6日後に症状が出るとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200302/k10012309011000.html

新型コロナウイルスの集団感染について厚生労働省の専門家のチームが国内のデータを詳しく分析した結果、感染した人の75%はほかの人にはうつしておらず、つぎつぎと感染が広がったのはほとんどが空気がよどみがちな閉じた環境だったことが分かりました。分析した専門家は「屋内の狭いスペースなどに人が集まるのを避けることで、感染の拡大を防げる可能性がある」と指摘しています。これも大事です

日本救急医学会が新型コロナウィルスの対応について声明を出しました 医療従事者向けとなります。これには「地域単位で感染対策のフェーズを水際対策期から感染蔓延期へ移行させていく必要がある」ことを強調しています.

https://www.jaam.jp/info/2020/info-20200226.html

1.軽症例はインフルエンザ外来に準じた対応を行います
2.重症例を見逃さない診療が求められます
3.遺伝子検査は,“入院が必要な肺炎例でウイルス性肺炎を疑う場合”に実施します
4.特異的な治療はありません
5.感染対策の基本は飛沫・接触予防対策になります
6.陰圧個室での管理は地域・施設に応じて対応して下さい

当院でも高齢者は逆隔離をしたり、換気をいつも以上にしたり対策をしています。心配のある方は車内待機で対応いたします。

入園の身体検査書(コロナウィルス流行時の対応)

入園の身体検査書が必要な方は現状では一般の診察時間に来て書類を書いてもらう方針ですが当院かかりつけに限りお子様がいなくても書類を書かせていただきます。(期間限定ですが)

また過去当院で乳児健診をされた方は料金は無償で書類を書いています。よろしくお願いします。

かわごえこども心臓セミナー

院長の恩師が計画しています 6回となりました

心臓は寝ている間も休むことなく、一生動き続けます。いったい心臓はどんな風に働いているのでしょうか?  心臓のピンチ、命の危機は、身の回りでいつでも起こり得ます。大切な人を助けるにはどうしたらよいでしょうか?その答えはこのセミナーにあります

高校生の受診について

小児科は15歳までなので原則中学3年までです。そのため午後は内科休診なので診療をお断りしたり注射の予約が取れないなど事例が当院でもあったようです。当院も開院して8年 見ている子も大きくなります。

これまで院長に見てもらっていて午後に診察や注射など希望があれば相談してください。また親御さんなど成人の方も風邪など投薬希望あれば言ってください。ただしインフルエンザ予防接種は枠があるのでそれを超えた場合は予約できません。

注射の前にすること(プレパレーション)

インフルの注射がはじまりました。混雑をしてご迷惑をかけると思います。

注射をしているとすんなりできる子とそうでない子、非常に抵抗する子がいます。注射してそれから痛みで泣く子もいますがやる前から泣く子、やった後も泣き続ける子が多くいます。注射に対する恐怖があるのだと思います。

下のリンクに詳しいですが注射をやる前にいいきかせやごっこ遊びを通じ「なぜ注射をするのか」体を強くするためだよ 注射するイメージつくりを行い、また 注射すぐ終わるよ 痛かったね 頑張ったね など気持ちを受け止めることが大事です。子供にもよりますが注射をすることを内緒で連れてきたり痛くないよと言ったりするのは良くないとされています。

注射する前のいいきかせをプレパレーションといいます。当院の保育士が簡単な絵本をつくりました。外来の受付の下に置いてますのでぜひ利用してくださいね。

https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/cls/cls_chusha.html

川崎病

昨日川崎病の勉強会に出ました。川崎病とは全身の血管炎からなる病気で自分が病棟医のときも数多く診察し開業してからも診断してきました。新しい知見として診断基準の「5日以上続く発熱」→「発熱」と5日待たなくても症状がそろえば診断できるようになったことです。早期に治療をして後遺症が残らなくすることが大事になります。

またRAISE STUDYという冠動脈病変を残さない治療法についての講演でした。川崎病は免疫グロブリンという薬で治療しますが不応例という薬の効かない方がいます。それに対し初期からステロイドという薬と併用するやり方です。http://raise.umin.jp/

川崎病は日本人の名前がついている数少ない病気です。院長も大学勤務医時代に川崎先生が大学に来てお話を聞いたこともありました。その病気を外国に負けず日本人がSTUDYしているのが素晴らしいと思いました。