小児科

熱中症

よく外来で「うちの子が熱があるのだけど熱中症では。。」など、かぜなのか熱中症なのか迷うことがあります。熱中症とは何なのか?日射病や熱射病との違いは?

 暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称を熱中症と呼びます。(以前は軽症として日射病・最重症例として熱射病と呼んできました。また熱疲労・熱虚脱・熱けいれん・熱湿疹など様々な言葉・分類があり混乱していました)最重症例の熱射病の概念は、1. 40度以上の発熱 2.意識障害 3.発汗の停止・乾燥した皮膚 でした。しかしそのような状態は手遅れになる可能性もあります。そのため熱中症の新分類ができました。

I度 めまい・失神 「たちくらみ」とういう状態で、以前、熱失神と呼ばれていました。筋肉痛・筋肉の硬直(筋肉の「こむら返り」 熱けいれんと呼ばれていました)体温は正常のことが多いです。

Ⅱ度 頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・倦怠感・虚脱感・失神・気分の不快・判断力や集中力の低下、いくつかの症状が重なり合って起こります。発熱することがあります。(体がぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から“熱疲労”と言われていた状態。)Ⅲ度 意識障害・けいれん・手足の運動障害・おかしな言動や行動・過呼吸・ショック症状などが、Ⅱ度の症状に重なり合って起こります。38度以上です。

Ⅲ度熱中症の診断基準は1. 暑熱への曝露がある 2. 深部体温39℃以上または腋窩体温38℃以上 3. 脳機能・肝腎機能・血液凝固のいずれかひとつでも異常徴候がある の3つを満たすものであり当てはまらなければⅡ度とします。Ⅲ度をきちんと診断することでDICや他臓器不全などしっかり管理することができます。

まあ、外来では不快な症状が強ければ点滴をすることが多いのですが。。。Ⅱ度以上を疑うのであれば採血検査もしっかりとすることが重要なのです。元気があれば熱だけで熱中症の診断は出来ないと思います。水分摂取や休憩など熱中症の予防をしっかりやることが大事になります。

2014年の記事より再掲します。暑い日が続きますが無理をされないようにして安静水分補給を、小さい子がいる家庭もおとなが不快な暑さならクーラーも積極的につけてください、

リンゴ病 妊婦さん注意

伝染性紅斑が流行しています。いわゆるりんご病です。ほほや手の外側にレース様紅班(正常な皮膚と紅斑が入り組んでいる・網目状)が特徴です。バルボウィルスB19が原因で胎児に感染すると胎児水種を起こすことがあります。胎児水種とは赤ちゃんが非常にむくみが強くなることで、重症例の場合胸やおなかに水がたまり心臓に負担がかかり命の危険もある病気です。風邪の症状が出た後に(小さい子は症状が出ないこともあります)紅斑が出るのですがその時期にはほとんど感染力がないので、隔離など二次感染予防の必要はありません。風邪の症状のあるウイルス排泄期には特徴的な症状を示さないので、妊婦などは、流行時期に感冒様症状の者に近づくことを避け、万一感染した場合には、胎児の状態を注意深く観察する必要があります。欧米では妊婦に感染は約0.25-1%に成立すると考えられており、その中で2-10%が胎児水腫となるとされています。

発疹が出る前に他人に感染します。予防が大変難しい病気です。ワクチン開発が望まれます。

http://sickchild-care.jp/point/7524/

RSウィルス

昨年同様夏にRSウィルス流行の兆しがあります。
RSウィルスは細気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。はじめてRSウイルスに感染した乳幼児の25~40%に細気管支炎・肺炎の兆候が見られ、0.5~2%の乳幼児が呼吸困難などにより入院しています。
重症化すると喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューとした呼吸)や、さらに呼吸が速くなり、呼吸困難や無呼吸があらわれたり、入院による治療が必要な場合もあります、
早産児や基礎疾患がありシナジスの適応のある方は7月から注射の予約を受け付けています。(グラフは昨年のものです)下のサイトも詳しいです。

http://rsvinfo.net/

ゆびさし

健診では指差しをするかどうか1歳健診で聞くことが多いです。しゃべる前準備とお話しをします。10から11ヶ月は興味の指差し、10から14か月は欲求の指差し、ここまでは1方向ですが12から18か月は叙述の指差し、自分が気になったものを相手に知らせ相手に見ることを求める共感の指差し、18か月応答の指差し、相手からの質問に答える指差し。指差しにもこのように分類されます。

共同注意 「シェアできている」と感じていることです。ほかの人が何かを見ていてそのことに対して興味をもつ。これを二項関係といいます。他者の視線や振り向き、指差しに反応して他者の注目しているものを察知し共有するという風に発展していきます。それはやがて三項関係と発展してきます。自分の興味の対象を他者に伝え他者の関心をひきつけ他者と興味の対象を共有するということです。たとえばクマのぬいぐるみを子供が指さして母を見ます。母は「かわいい」と笑います。子供はそのような母を見て満足するということです。

指差しをすることで言葉の準備だけでなく他者とのかかわりの準備と発達していきます。子供のひとさし指に親が指を添える、手を上から覆って人差し指だけにしてみるかなど練習していきます。

 

偏食外来パンフレット

乳児健診をしていてちょっと発達の気になる子など、また発達を心配される親御さんがいらっしゃいます。紹介状をかいても予約が一杯ですぐ受診できなかったりすることもあります。何らかのアドバイスができればと考えています。また、言葉が遅いときゃタッチが遅いときなど「こういうふうにしたらいいんじゃない」お話ししています。そういったことやこの間の講習で学んだことを覚書のように何回か分けてまとめていきます。

離乳食のこと、遊び食べてしまう 子供の食事が進まないなどのお話もよく聞かれます。神奈川県立こども医療センター 偏食外来パンフレットが参考になります、3歳までの児が対象になります。ポジティブな行動に注目して、ネガティブな行動に反応しない 悪循環に陥らないようにするペアレントトレーニングに通じるものですね そのほか食事の時間、食事の空間に着目したり、また具体的なアドバイスなど3段階に分けてパンフレットがあります。

股関節脱臼について

昨日勉強会に行ってきました。「乳幼児健診を中心とする小児科医のための研修会PARTⅢ」いろいろあるのですが赤ちゃんの股関節脱臼について勉強してきました。先天性と名前がつくことがありますが出生時に脱臼している例は少なく後天性の要因で影響を受けることがあります。脱臼を放置すると歩行に影響が及ぶことがあり6か月までに発見することが必要です。足やお尻のしわが左右非対称、股関節が固い、足の長さが違うなど所見があります。

赤ちゃんの脚は、M字の形(カエルの脚のかっこう)に開いているのが自然な状態、おむつや衣服による締め付けや不自然な抱き方などで「脚がまっすぐ伸びた状態」になることが脱臼の要因になります ①向きぐせがある②女児③家族に股関節が悪い人がいる④逆子で生まれた⑤寒い地域や寒い時期に生まれた(厚めの衣服や布団によって脚を伸ばした状態になりがちなため)これらのうち複数個当てはまる場合は注意です。

きついおむつは避けること、抱き方は「コアラ抱っこ」(M字の形に脚を開いた状態で赤ちゃんが親の胸にしがみつく格好)など予防になります。向き癖がある場合は横抱きなどいつもと違う向きにする、寝るとき いつも向く方向を壁側にしてみる 母親の位置を変えるなど 以下のサイトも参考になります。

http://shirumirumamoru.info/sickness/video02.html

麻疹

埼玉県(草加)で麻疹の報告があったようですが沖縄のものとは違いタイからの持ち込みのようです。
4月23日バンコク(TG676便)→15時30分成田着(バンコク出発時に発熱あり)同日、静岡県に移動
4月24日京都→4月26日草加 4月27日草加市内の医療機関を受診 診断を受ける
※当該患者は、国内の移動には、公共交通機関を利用せず、自家用車を使用していました。

麻疹はひきはじめはカタル期と言って風邪と同じ症状、最初から発疹は出ないので鑑別は困難です。合併症で命の危険もあります。インフルエンザより10倍感染力が強いウィルス。空気感染もします。厄介なんです。ワクチンが必要となる病気です。普段からの備えも重要かもしれません。

0歳のMRワクチン

最近1歳前に麻疹風疹の予防接種をしたいという問い合わせが増えています。沖縄では6か月以上の子に助成がつき接種を勧めてます。感染した方が首都圏を通過したという情報もあり流行が来るか心配されるところですが現在は首都圏の情報はありません。以前熊谷で発生と報道がありましたが続報はないし今回の流行とは別のものと思います。ご心配な方や沖縄に行かれる方など6か月を過ぎていれば接種します。ただしMRはワクチン接種後に1週間くらいして発疹発熱が出ることがあるのでお早めに接種してください。
またワクチンを1歳未満で接種した際には、残存する移行抗体(胎盤を通じて胎児に与えられた抗体)の影響でワクチンの効果が十分に発揮されないおそれがあるので、通常の定期接種のスケジュールでも接種を受ける必要があります。また公費では1歳前は接種できないので注意してください。

http://www.pref.okinawa.jp/…/ke…/press/kankou_qa_180413.html

麻疹

熊谷保健所の管内で20~30代の男性3人が麻疹(はしか)を発症したとの届け出があったそうです。今回感染が確認された3人はいずれも渡航歴はないようです。はしかは1週間くらい続く2相性の発熱(熱がいったん下がるが再び上がる) 風邪症状 癒合性の発疹(熱が再び上がった時に出現する) 奥歯の近くの白い発疹(koplik)など特徴があります。脳炎や肺炎、合併症によっては命の危険もあります。MRワクチン接種前の児は注意してください。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/02/28/05_.html

花粉症の検査

「鼻水が止まらない。うちの子花粉症ではないですか?」と言われることが多くあります。侵襲が少ない(指先から採血をする)簡易的な検査キットがあります。イムノキャップといいます。開院時より導入しています。ダニやイヌネコ、秋の花粉の検査も同時にできます。
調べてみると2,3歳の児でも陽性になることがあります。(さすがに1歳の方が陽性になったのは見たことはないですが)また花粉症と思われていた子で反応が見られないこともあります。
スギ花粉の量が最近増加傾向にあること、 また空気の乾燥や外気温の変化、刺激物質(タバコなど)も要因と言われています。 アレルギー気になる方にはおすすめしています。